2017年8月11日金曜日

あとはやるだけ

8月11日。阪急電車に揺られてる。
これから三ノ宮を目指す。
今日は神戸スタークラブでライブです。

8月5日、心斎橋酔夏男(よかにせ)で三好リョウでした。
5月31日、ドン底まで落ちて、7月、埼玉で再スタート。それからの8月5日でした。
ようやく、大阪で再スタート切れました。来てくれたみんな、本当にありがとう。心から。
歌ってて、不思議な気持ちでした。
跳び跳ねない。決して明るくはない。
今までと違う三好リョウ。
けれど、自分の曲をやってるってことが楽しかったです。
がっかりされることも全部覚悟の上で挑みましたが、むしろ、こういう三好リョウが表現できてなかったことをみんなは「?」と思っていたみたい(笑)
ありがとう。

俺は、明るい性格や曲、ブルーハーツの甲本が跳び跳ねる姿に憧れてたんです。
憧れから真似して真似してマネしまくってここまできた。
もちろん無駄ではないと思う。
そう思うけど、じゃあ三好 亮ってなんだ。

虚弱
根暗
臆病
素直

…ま、だから明るいのに憧れたんだけどさ(笑)

これからはありのままの三好リョウを表現していきたいと思います。

そして、スタートを切った今、もう始まってます。
あとはやるだけ。ずっても、這っても、やるだけですわ。
ここからは、また粛々と積み重ねるのみです。

2017年7月1日土曜日

本質から逃げちゃいけない

7月になりましたね。
僕がジムに通い始めてちょうど1年が経ちました。
コザックさんと写ってるのが通う前。
黒いジャージが半年後。
茶色の短パンが今日です。

音楽と仕事の両立が30代になって厳しく感じ始めました。
体力には個人差がありますが、僕はいわゆる虚弱体質。
どうしても、続けるには体力が必要でした。
パフォーマンスも、歌唱力もあげたかったので始めたトレーニング。

結果的には、やってよかったー!!(^○^)
て感じです(笑)

何よりね、仕事の後でも音楽する気力が沸いてくるのが一番変わったところですね!
そしてもうひとつ。
風邪引かなくなった!!(笑)

や、意外に大事なんです。
仕事に穴開けるわけにはいきませんからね。
ましてや、音楽やり過ぎて体調崩したなんて、いいわけになりません。

それが改善されたのは最高よかったです。

しかし、ジムに行きすぎて本質から逃げてしまったことも。

もともとジムは、音楽のために通い始めました。
でも、音楽のパフォーマンスを上げるには、歌唱力を上げるには、やっぱりスタジオで練習するしかない。ライブをして経験を積んでいくしかない。

そこから逃げて、ジムで自信を維持していたこともありました。
それは違う。
全然目的と違う。

それに気づいたのも、5月31日だったなあ。

6月に入って、ケイくんにあの日のライブのこと、ボロカス言われました。

そこからがっしり掴めたものもあるので、今は大感謝のライブです。

今は楽しくてしょうがありません。

本質も見えました。

俺はまだまだ積み重ねていきます。
焦らず、ゆっくり、確実に。
積み重ねていきますね。

それが披露される日。
そして、そこからの研鑽の日々を思いながら、今は下積みです。

今に見てろよこのやろう。

ピース!

2017年6月26日月曜日

続けるってすごい。本当にすごい


6月24日は休みでした!
てことでスタジオにこもってレコーディングのための音作り★
ホームランで今年中に作れたらなあ。

そしてスタジオの後は!楽しみにしていたライブに行きましたー!★

ああ、もう。どっからこの感動を言うたらいいやろうか(笑)

俺がまだ北海道にいたとき、帯広のTIMELESS NATCH(以下ナッチ)というバンドを知りました。 26の頃だったかな。
そのバンドが大好きになってね。帯広という土地まで好きになってしまうくらいのバンドでした。

月日は経って、ナッチは活動休止になって、ベースの上田さんとドラムのジュンさんはミゴトナヨルというバンドを組んで(去年はお世話になりました!)。

ギターの中村さんは千葉で家庭を築き、ボーカルの酒向さんも東京でバンドを頑張っていました。

その酒向さんが東京で組んでる「GOOD DREAM」というバンドが初めて、大阪に来るというのです。

そりゃもう、行くに決まってます(笑)
何を差し置いてでも!(笑)
ナッチ以降、酒向さんがバンドで歌う姿を見たことがないので、よけいに楽しみでした。

当然、初めて聴くバンドなのでいろんな意味でドキドキでしたが、ライブが始まると、

もう、最高でした。

初めて見るのに初めて聴くのに、ものすごい浸透力。
身体に心に、入ってくる。すさまじい力で。

2曲目で早くもシンガロングしてました。初めての曲やのにね(笑)
こんなライブは珍しいです(^^)

それ以上に、嬉しかったです。 あの酒向さんが、今でも歌ってる。
今でもバンドしてる。

酒向さんが歌っている。ギターを弾いて、ステージに立っている。
それだけで、ただ、それだけで嬉しかったです。

続けるってすごい。
本当にすごい。
俺も続けててよかった。

自分自身、逃げてばかりやったけど、それでも続けててよかった。
酒向さん、俺はようやく気づけました。
アホですけどようやくわかりました。
俺はもう逃げるのは勘弁ですわ。
また会いましょう。
続けていきましょう!

GOOD DREAM、ほんま最高でした!

2017年6月21日水曜日

見ててください。

5月31日、札幌LOGでのソロライブが終わった。

今、この日に感謝してます。

5月31日、俺はボロボロのライブをしてしまったと思っています。
もちろん主観なので、お客さんの皆さんがどう思ったかはまた別の話なのだけど。

楽しませられなかった。

強くそう思いました。

一緒にやってくれた、ケイくんはじめ、奥山漂流歌劇団のみんなの演奏を見ていて、今の自分のとのレベルの違いを思い知らされた。

そして、この日一番突き付けられたこと。

「三好リョウは、現状維持をしてしまっている」

よかったです。札幌まで行って歌って。くっそ悔しかったけど、たしかにあるものをたしかに掴み取れました。
三好リョウは過去にすがっていました。

今年のはじめ、10年目のSAKE祭で俺は何一つ結果を残すことができなかった。
三好リョウはトチューをほんとに途中で終わらせ、ホームランは歌いに来たのではなく、高槻から逃げてきただけのユニットになってしまってた。タクラマカンズにいたっては、失礼だけど、もはや過去の産物でしかない。「あの人は今?!」の企画と変わりない。
しかも大事な場面での欠席というおまけ付き。
いったい俺は今までミュージシャンとして何をやって来たんだろうと自分に対する怒りと情けなさで震えが来るくらいでした。
もっともお世話になった、もっとも馴染みの深いイベントのラストがこんな結果になるとは。
悔しくてしょうがなかった。

そのリベンジを果たすべく行ったのが5月の札幌でした。

結果は惨敗。

しかし、大成功でした。

現状維持をしてしまっていることを実感できた他に、もう一つ収穫があって。

それは、新曲を誉めてもらったことでした。
ホームランが快調に新曲を重ねる中、三好リョウの方はからっきしでした。

2年もかかってようやくできた1曲を、5月31日に歌いました。自信なんて欠片もなかったです。
なのに、ケイくんからも、お客さんからも「あの新曲よかった」と評価をもらえました。
正直びっくりしました!
こんな個人的で狭い世界のことを歌った歌なんて、絶対共感してもらえないだろうと思っていたので。

ボロボロのライブの中にあった、わずかな光でした。

そこからすごい自信が溢れてきました。

いろんな人のいろんな言葉が繋がって、自分がこれから何をやっていったらいいかがハッキリと見えてきました。

あの札幌のライブ以降、みるみるうちに曲ができていっています。

今までの三好リョウとは異なる曲がどんどんできてます。
楽しいです。ひたすらに。
あんなに苦痛だった練習が、楽しくてしょうがないです(笑)
仕事が終わったら何を差し置いてでも、1曲分の詞を清書したい。ギターを弾きたい。少しずつ少しずつ、曲が形になっていってます。

お披露目するにはもう少し練習が要ります。まだまだやります。少しでもほんの少しでも。

楽しみです。
僕の曲をみんなに聴いてもらう日が、楽しみです。

それで「なんだ、昔の方がよかったわ」と言われても構いません。

今までずっと、それを恐れてきました。
恐れてきたからこうなったんです。
こんなの2度とごめんです(笑)

変化も進化も退化も知らない。

俺は俺を素っ裸にしてもう一度やりなおすだけです。

見ててください。
そして、見に来てください。お願いします。

1度、見に来てみてください。
三好リョウ、ほんとに、楽しみです。

2017年5月4日木曜日

ホームランとみんなが僕にくれたもの。

高槻ジャズストリート
高槻T-true

二本立てのライブが終わった。
どちらも念願だったし、どちらも最高楽しかったです★
ほんまに皆のおかげです。

これは、ライブ中には言えなかったので、ここに書きます。

相方のひろきには感謝しています。

僕は、今までライブや音楽は

頑張ってお客さんを呼んだり
頑張って人脈を作ろうとしたり
頑張って皆の心を打つ曲を書いて
頑張って練習して
頑張ってライブする
そしてまた次のライブへ向けて頑張る

そんなふうにしか考えられませんでした。
言ってしまえば、他のミュージシャンは敵のような存在でした。

そんな固くて狭い頭を少しずつ変えていってくれたのがひろきやと思っています。

音楽は楽しむもの
音楽はやりたいからやるもの
今、支えてくれる人を大事にしよう
いろんな土地を回るのもいいけど、まずは地域に根付こう。住んでいる所を大事にしよう。

今、ホームランには仲間がいます。
決して有名ではないし、権力があるわけでもありません。でも、素晴らしい仲間です。
仲間ができたのはホームランのお陰です。
それは僕にとってはひろきのお陰に他なりません。

…ひろきは破天荒なところもあります。
結構生活めちゃくちゃです(笑)
ですが、今書いたこれらは間違いなくひろきが教えてくれたことです。
もっと言うと、ホームランと、それを取り巻く仲間が教えてくれたことです。
本当にありがとう。

音楽って、こうなんやね。
こんなにも楽しいんやね。
こんなにもありがたいんやね。
ありがとうしか、言葉が出てきません。

ホームランが、僕をほんまに成長させてくれたと思います。

誰も信じず、一人で生きていこうとした5年前とは、えらい違いですわ(苦笑)

今、本当に楽しく音楽できています。

これからもみんなに感謝して、一日一日大事にしていきます。
今日はありがとうございました!!
またホームランは少しずつ歌っていきます。
またお会いしましょう。
ほんとに素晴らしい日でした!!

サンキュー!!!!★

2017年5月1日月曜日

もう迷わん。

もう歌いたいことなんてねえって、思ったことはたくさんあるけど、
歌いたくないって思ったことはたぶん、ない。

でも、曲は少しずつできていく。

歌いたいことなんてねえなんて、ただの甘えと言い訳だろう。

できた曲は出す。
もう迷わん。
出すぞ。

2017年4月30日日曜日

感情の借金

「期待」は「感情の借金」や。

今でも胸にずっとある言葉です。
5年前、北海道を離れる決断をしたときに読んでいた本の中の1節です。

俺はこれで変われる。これで自信がつく。
こう言われたからもう大丈夫。俺はきっとやれる。

誰かに、自分に、時にはモノに期待する。

でも、実際は行動してない(または行動した期間が短い)訳だから、実のところ結果はあまり思わしくない。このギャップにやられる。

そして思う。
「ああ、やっぱり俺は変わらないや」と。
期待は一気に絶望感に変わる。これが感情の借金。

そんなちょっとやそっとで変わるわけねえだろうか!!(苦笑)
自分に怒鳴りたい(苦笑)

俺が変えたいのは「食べ過ぎ」。

ほんとに無くしたい。
食べ過ぎると、動けない、眠れない、考えられないの3拍子。
おまけに体調不良に。

自分の食欲を律するのは大変です。

ああ、腹八分目って難しい。